落花生【らっかせい】について

家庭菜園の人気野菜、落花生はピーナッツと呼ばれていますが、木の実のナッツではなく、豆の一種です。花が終わると、花のつけ根から子房柄という細い枝が伸びて土の中に潜り、先端にさやができます。この様子から落花生という名がついたと言われています。生活習慣病予防に効果があります。

栽培カレンダー

%e8%90%bd%e8%8a%b1%e7%94%9f

※中間地での栽培
栽培データ

科名 :マメ科
原産地 :南アメリカ
食用部分:種子(子実)
連作障害:あり。2~3年あける。
土壌酸度:pH 6.0 ~ 6.5
発芽適温:20~30℃
生育温度:25~27℃
病害虫 :カメムシ・アブラムシ・そうか病

追肥のタイミング:種まきの3週間後と、以降月1回のペースで追肥する。元肥は少なめに。

栽培スペース

株間:30cm
条間:60cm

株のサイズ

高さ:20~30cm
横幅:40~50cm

栄養素

抗酸化作用のあるビタミンEや動脈硬化を防ぐオレイン酸が多く、生活習慣病の予防に効果があります。また脳の動きを活発にするレシチン、ビタミンB群、ミネラル類などを含みます。脂質も豊富ですが、その多くはリノール酸や、酸化しにくい悪玉コレステロール値だけを下げる効果があるオレイン酸です。たんぱく質や食物繊維も豊富です。ビタミンB群の一種、ナイアシンがアルコールの代謝を助けるので、酒のつまみにも最適です。

成長の様子

dsc_0468

植え付けから2か月。トマトの下に植えて日陰

になってしまっているからか、成長が遅めです。

dsc_1264

これが落花生の花です。

dsc_1541

花が咲き終わると子房柄(シボウヘイ)とよばれる

細い枝が伸びてきて土の中に潜ります。

dsc_0308

中央下の方にさやが見えると思います😊

土かけてあげました✨

dsc_0409.jpg

収穫のころになるとこんなに大きくなります‼

dsc_0414.jpg

土の中にさやが残ってないか、優しく掘って確認します。

食べ方

炒り落花生にするか、ゆでるのが簡単で美味しいです。

炒り落花生の場合は、風通しの良い日陰に根を上に向けて数日乾燥させます。さやの中の豆が乾いてカラカラと音がするようになったら、豆を取り出してフライパンでからいりします。

ゆで落花生にする場合は、掘りあげてすぐにさやを切り取り、水洗いします。海水ぐらいの塩水にさやごと入れて、50分ほどゆでます。そのままゆで汁ごと冷まします。

生や茹でた落花生より、炒ったものの方が成分が凝縮され、栄養価が高まります。食物繊維は倍増★

ポイント

マメ科の野菜なので、元肥の量を抑えることと、種まき後に鳥対策をすることです。栽培中、土を柔らかくするための中耕は開花の前までにすること。(子房柄が切れてしまう恐れがあるので)開花から70~100日後、葉の一部が変色してきたら収穫です。収穫が遅れると子房柄が切れて土中に残ってしまいます。

無農薬で美味しい野菜作り