シシトウ(獅子唐辛子)について

獅子唐辛子(ししとうがらし)は甘み種のトウガラシの仲間で、先端が獅子の口に似ていることから、この名前がつきました。栄養成分・栽培方法はピーマン(⇨ピーマンの育て方)とほぼ同様です。

栽培カレンダー

ピーマン栽培方法
※中間地での栽培
※品種によって栽培時期が違うため、参考程度にしてください。

栽培データ

科名  :ナス科トウガラシ属
原産地 :熱帯アメリカ
食用部分:果実
連作障害:あり。3~4年あける。
土壌酸度:pH 6.0 ~ 6.5
発芽適温:25~30℃
生育温度:25~30℃
病害虫 :アブラムシ・ハダニ・青枯病など

栽培スペース

株間:45~50cm
条間:60cm

株の大きさ

横幅:60cm
縦幅:60cm前後

栄養・情報
  • 免疫機能を高め、疲労回復に効果のあるビタミンCをはじめビタミン類、カロテンを豊富に含んでいます。油炒めや揚げるなど、油を使った料理でカロテンを効率よく摂りましょう。強めの火加減でさっと加熱することで、ビタミンの損失を防いで美味しく仕上がります。
  • 加熱したときに実が膨らんで破裂するのを防ぐために、調理前に包丁で切り込みを入れておきます。
  • トウガラシの近くに植え付けるとシシトウが辛くなってしまいます。また、栽培時期や環境によってたまに辛いシシトウができてしまうときもあります。

 

ポイント
  • 一般的なシシトウの場合、長さ5~6cmになったものから収穫します。

無農薬で美味しい野菜作り